☆2014/12/13seesaaブログ終了☆

アメブロへ移行しました。

※URL登録変更お願いします※

詳細や過去の情報などは
サイドバーかこちらをご覧ください♪
HP⇒宮本京佳のHP

2010年09月12日

劇団H.D.U.第14回本公演『オンボロ屋根から見る夢は…第二部〜道標〜』を観たんだ。

@シアターブラッツ。

扉座研究所(TOBI-Q)同期とアンドレWS同期が出演してたので、今日はリハもなかったし、観に行ってみました☆

ブラッツ久しぶり〜。

このお芝居、1年前にも観に行ってまして、(TOBI-Q同期が出てたから)それの続編。
ちなみに、前回の記事はこれ。
   ↓↓↓
2009/8/9劇団Human Dust Union 『オンボロ屋根から見る夢は…』を観たよ


今回は前回とは違う構成。
前回は、盛り上げようって感じのお芝居だったけど、今回は、前回に比べてストーリーを見せようって感覚のお芝居でした。
いかんせん1年も前のことだからね、内容とか覚えてないのよ。
でも、ストーリーの中に前回観て無いと分からない関係線とかがあってね、それは今回しか観てない人は意味分からないし、なんで?!ってなりそう。
だって、観てたあたしですら、あ、そういえばそんな話あった、くらいな感覚だったんだもの。

つい二日前に「FROG」で新撰組観て、今日は「オンボロ屋根〜」で新撰組。
同じ新撰組だけど、全然違う作品でしたわ。

今日の「オンボロ屋根〜」は、新撰組が新撰組になる前のお話。
殺陣とかもあったんだけど、小屋の大きさや、舞台の大きさや役者の配置の仕方でちょっと苦しそうだった。
うっすら天井の梁や照明スピーカーを気にしている役者さんが見えたもの!!
もったいない。

アンドレWS同期の寺島八雲くん。
100911_2111~01.jpg
なんと劇場にお花が届いていた模様。
すごい。
浪士役。
WS同期だけど、ちゃんとお客さんとして八雲の舞台を観るのは初めてカモ。。。
なんかねー、WS当時のキョドってた八雲が、立派に舞台に立ってたのが何か不思議(笑)。
あ、やくもー、これ誉めてるからね〜。←ホントカッ?!

そして、TOBI-Q同期の武内康浩君。
100911_2115~01.jpg
前回に引き続き藤堂平助役だよ〜。
今回は美味しいポジション取ってました♪
とあるシーンで、どうしてあそここうしないの?!
って聞いたら、貧血で倒れるから、ちょっとだけ落ち着かせてもらったって。
うぉーーい。だいじょうぶかぁ??

明日までやっているみたい。
興味がある方はどうぞ☆

それでは。




posted by 京佳 at 00:50| 東京 ☀| Comment(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。