☆2014/12/13seesaaブログ終了☆

アメブロへ移行しました。

※URL登録変更お願いします※

詳細や過去の情報などは
サイドバーかこちらをご覧ください♪
HP⇒宮本京佳のHP

2010年09月17日

ちょっと引いて。

ナチュラルってなんでしょう?

むずかしぃ。

舞台と映像。

ドラマと映画。

全部違うんですって。

知っていたようで、まったく知らない世界の違い。


TVとかの現場と違って、今回携わらせて頂いてるこの「連鎖」には、リハ(稽古)がある。
そのリハの中で、

「引いて」
って、良く言われた。
これ、簡単にできるようになったら、あたし強い子。

「動き過ぎ」
ってこれまた言われた。
多分、自分の中で整理できてないのもあるよね。
整理できてなかったら落ち着きようもないわぁね。
これも、簡単にできるようになったら、あたし強くなれるよ。


つかむ。
リハ中の課題。


うし。


肩の力抜いて。
さらっと。
なちゅらーる。←ドントパーマ船団風に。



あ、髪型OK出ましてん♪






posted by 京佳 at 03:19| 東京 ☁| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですよね。
舞台の場合は体で見せる部分も多いですが、
ドラマや映画場合はそこまでオーバーにやるとリアリティを欠いてしまいますね。(あえて演劇風にやるドラマもありますが。)そこの切り替えは慣れなのでしょうね・・・。

逆に映像の場合は如何に動きじゃない部分で見せれるかの勝負なのかもしれません。
個人的には名優岸田森さんのような独特の表情、しぐさで魅せる俳優さんが好きです。
Posted by 田澤 at 2010年09月17日 04:38
田澤さん☆
ふむふむ。ありがとうございます。
オーバーにやってるつもりがなかったからある種重症なんですよね↓↓↓
でも、周りの方とか観て、勉強させて頂いてます。
何で見せるか。。。難しいです(汗)。
岸田森さんのお芝居観たことないかも。。。チェックしたいと思います!
Posted by 京佳 at 2010年09月18日 09:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。