☆2014/12/13seesaaブログ終了☆

アメブロへ移行しました。

※URL登録変更お願いします※

詳細や過去の情報などは
サイドバーかこちらをご覧ください♪
HP⇒宮本京佳のHP

2013年06月06日

本気の映画と本気のドーナッツ。

前の用事をさっくりばっさり切り上げてダッシュダッシュ(走り出すさま)
レイトショー一歩手前の映画館へと向かう。
だって今日は水曜日ぴかぴか(新しい)レディースデイぴかぴか(新しい)

映画はいつみるの?いまでしょ!ってことで、
第66回カンヌ国際映画祭コンペティション公式選出映画『藁の楯』を観る。

三池崇史監督には本気の作品とPV的な作品に分かれるって聞いたことあるけど・・・

こりゃ本気ですわ。

鬼畜を守る(守らなくては行けないと言うのとはまた違う気がする)人間の心が苦しい。
懸賞金があるから、たくさんの人に狙われる。
懸賞金があるから誰もが敵に見える。
懸賞金があるから命が助かっている。
懸賞金があるから、正義はすべて言い訳と化す。
あぁ、お金って恐ろしいね。。。

藤原達也さんの濃ゆい演技と鬼畜っぷりに心がいっぱい。
主人公がね、鬼畜に吐くセリフがいいのよ。
こんなセリフ、心が押し潰れそうだけど、言ってみたい。

監督にも俳優にも自分の「代表作」がある。
その代表作がどう売れていくか、どう売れていくか。
難しいところですな。

いやしかし、心はいっぱいでも、おなかは空くもんだ。
帰り際、電話しながらふらりと見かけたミスド
本気を出して昔ながらの作り方を一部変えて勝負に出たドーナッツ100があたしを誘惑する。

スリーコイン!
IMG_20130605_233203.jpg
買い満足。明日の朝ご飯にするかな。

食ベ過ギッテイウカ買イ過ギニ要注意〜ヾ(○`ε´○)ノ


posted by 京佳 at 00:17| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。